百万円と苦虫女

映画「百万円と苦虫女」をVODで見ました。

蒼井優さん演じる若い女性が、バイトをしながら転々とする内容。

1つの土地で100万円貯まったら、次のところに行く、というので暮らしています。

その地に行ってから仕事を探しているのですが、リゾートバイト的な仕事も出ていましたよ。

海の家や桃農家での仕事。

海の家では、若い金髪の男性から「こっちに何しに来たの?リゾバ?」と聞かれていました。

主人公「リゾバ(って何)?」

男性「リゾートバイト」

主人公「あぁ・・・。まぁ(そうなのかな)」

ってやり取りが。

海の家での仕事は、リゾバと言えばリゾバ。

でも、主人公は必ずしもそこで働きたいということではなく、その土地にまず来て、そこで出来る仕事ならなんでもいいからやりたいって意識だった(ことを表現している)のだと思います。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年3月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:リゾートバイト その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ